FC2ブログ

パソコン老若男女


パソコンを使い始めた頃、色々な疑問がありましたが、いつもそばに教えてくれる人がいました。いま、その恩返しのつもりでパソコン相談を受けたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み立てています(手順5)

ケースファンの取り付け

ケースファンケースファンは、PCケースの後ろ側だけに取り付けても良いのですが、AMDのCPUを使ってOC  (オーバークロック・・・定格周波数、定格ボルテージより高く周波数、ボルテージを設定し、定格出力以上のスピードになるように設定すること。)  を試してみたりするときは、かなりCPUなどの温度が上昇します。

この温度上昇を抑える必要があることから、空気の流れをよくして冷却機能を高める工夫をしなくてはなりません。

そのため、通常PCケースの前面と裏面にファンを取り付けます。

ケースファン2また、高速処理のグラフィックボードを取り付けたときも、かなり温度が上がります。

PCケース内の高温空気を早く外へ逃がしてやる事は大変重要なことです。

高温空気を溜めてしまったり、空気取り入れ口、排気口を塞いでしまったりすると、温度上昇によりCPUが止まってしまいます。
 (自然に止まる設定になっているものと、手動で設定するもの、設定できないものがありますので注意が必要です。)

ケースファン3ファンを購入するときは、あまり安価なものは、騒音が大きく、音楽を主体に考えておられる方は、耐え難いものとなりかねません。
ファンの包装に記載してある dB を確認して購入されると良いでしょう。
通常の使い方をしていても、30dB以上(1個のファン)はうるさく思えるものです。(人によって感じ方は変わりますが・・・)

参考
ファンの空気流量は、回転数とファンを横から見たときの厚さでだいたい決定します。
回転数が高く、厚さが厚い方が流量は大きくなります。


今年最後の投稿になりました。
沢山の方のご訪問ありがとうございました。
皆さんのおかげで3日坊主にならなくてすみました。
来年(2006年)もどうかよろしくお願いします。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログ作成者にだけ読んでもらう(公開しない)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。