FC2ブログ

パソコン老若男女


パソコンを使い始めた頃、色々な疑問がありましたが、いつもそばに教えてくれる人がいました。いま、その恩返しのつもりでパソコン相談を受けたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン組み立て部品の紹介

パソコンを組み立てる時、必要な部品を紹介します。

先日、友達(っと言っても職場の上司ですが)からいただいたPCを素材にします。
ほとんどは、いただきましたが、一部は買い足しました。

右上から「PCケース」です。(ミドルタワー)
部品をすべてこの中に収納します。
大きさが色々あって、マザーボードの大きさによってPCケースも変わりますので注意が必要です。
種類はおおよそ5種類です。
ATXと呼ばれるマザーボードには、フルタワー、ミドルタワーのPCケース、マイクロATXと呼ばれるマザーボードには、ミニタワー、省スペースのPCケース、もっと小さいマザーボード、PCケースもあります。

PCケースの横に立っているのは「エアーブロウ」です。
パソコンを長く使っていますと、中に埃がたまります、たまに掃除をしてやらないとパソコンが動かなくなったりもします。
その埃を吹き飛ばすのに使います。
部屋の中で吹き飛ばすともう大変、頭から埃まみれは確実!

次は、各種「電源ケーブル」です。注釈は必要ないですね。部品

左上は、「電源ユニット」です、「パワーサプライ」とも言っています。
電源は、ワット数、大きさ、マザーボードの形式によって変わります。
ワット数は、できるだけ大きいものを買っておくと、使い回しができます。
大きさは、先ほどPCケースの大きさを書きましたが、ほぼ、PCケースによって変わると思っていいです。
マザーボードの形式とは、マザーボードにある電源ソケットの形によって変わります。
PCケースに電源が元々付いているものもあります。

左中央は、「CD-ROM or DVD-ROM等」
これは、パソコンにOSをインストールする時必要ですから準備しておきましょう。

次は、その右横にあります「HDD」です。
HDDは記憶装置です。
HDDにも色々種類があります、まず、大きさ、回転数、接続方法、転送速度、記憶容量等
大きさには、3.5インチ(デスクトップ)、2.5インチ(ノート)、回転数は最近のものはデスクトップが7200rpm ノートが5400rpmがほとんどです。
接続方法は、IDEケーブル接続(ATA)とシリアルケーブル接続(SATA)があります。
ATAに100,133 SATAに150,300の転送速度がありSATAが主流になりつつあります。
SATAにはプライマリー、スレーブといった切り替えが必要ないですから便利だと思います。
ケーブルもスマートだしね。
パソコンを組み立てる場合、外付けのHDDは普通は使いません。

右隣は、「グラボー」って通常は言っていますが、「グラフィックカード」で辞書を引いたほうがいいかもしれません。
これは、「モニター」(ディスプレイ)につないで画像を送るボードです。
マザーボードに元々付いているものもありますので、気をつけましょう。
種類はたくさんありますが、主にはAGPカードとPCIカードに分かれます。
AGPとPCI はマザーボードに差し込む場所が違います。
性能は値段に比例するようです。

そのまた隣は、パソコンの心臓部である「CPU」(およびCPUファン and CPUフィン)です。
「順番が逆になってるよ」っておしかりを受けるかもしれません、写真の注釈は右CPUfan左CPUとなっていますが、左右逆です。
CPUの種類は数が多すぎて書ききれません。部品

その隣は、注釈がありませんが、USBのボードです。
組み立ててみたらジャックが合わなかったので取りやめました。
まー、これはなくても支障ありません。

右下は、「マザーボード」です。
これが全てのベースです。
これもCPUと同様種類が沢山ありますので、別途紹介です。

次は、「メモリー」です。
メモリーも沢山ありますので、CPU,マザーボードと併せて別の機会に紹介します。

「FDD]は、フロッピーディスクドライブですが最近は、CDからOSを起動することが当たり前のようになってきましたから、特に必要というわけではありません。

隣の「ケースファン」は、大きさ、ノイズ等によって分類されます。
PCのケースに取り付ける穴が開いていますから、どんな大きさのものでも付けられるということはありません、ご注意あれ。
お薦めは、音(dB)の小さいものがいいでしょう。少しお高くなりますが。

最後に「IDEケーブル」です。
これは、HDD,CD-ROM,FDD等とマザーボードをつなぐ線です。
HDDとCD-ROMのケーブルは同じですが、FDDはちょっと違います。
FDDのケーブルは、差し込み口の近くで1/5ぼどのケーブルがねじれていますからすぐに判ります。
最近では、シリアルケーブルでの接続が増えてきました。これは、スマートな細いケーブルですから、見た目も良くケース内がきれいになります、シリアル専用ですから、シリアルのHDD,マザーボード等にしか付けられません。


おおよそ、これだけのものがあれば1台PCが組み立てられます。
もちろん、OSとアプリケーションは必要ですよ。
また、キーボード、マウス、モニター、も準備してください。
キーボード、マウスは、PS2対応のものを1台づつ準備しておくことをお薦めします。
マザーボードによっては、USBのキーボード、マウスがBIOSの変更を行わないと認識できないよう設定してあるものがあります。
モニターを何台も購入するのは懐が痛みます、代わりにモニター切り替え機と、モニターケーブルを買えば、1台のモニターで何台かのPCが使えます。
スポンサーサイト

テーマ:初心者のために・・・ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


ブログ作成者にだけ読んでもらう(公開しない)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymphs.blog32.fc2.com/tb.php/12-b22392e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メモリーカードリーダー・ライター付 【ピ

●1本のUSBケーブルで使用可能(USB電源供給)●各種カード別アイコン表示●メモリーカードフォーマットソフト付き  認識できなくなったカードが初期化できます。 ●対応フロッピーディスクフォーマット  2HD:DOS 1.44MB、Mac 1.4MB 

  • 2007/08/12(日) 08:17:12 |
  • 記憶装置(外付け)をあなたに捧げます

マイクロATXがすごくよかった

SiS741GXチップセット2 DDR(333/266/MAX2GB)/AGP8X/VGA/LAN/ATA133/USB2.0/5.1chAudio/MicroATX・スロット 動画の最新情報・スロット 動画の最新情報・リンクス、D-Sub/DVI/HDMIを装備したマイクロATXマザー「GA-MA69GM-S2H」・今日退院します・ Prime A Galleria Lost Onli

  • 2007/07/24(火) 13:47:53 |
  • マザーボードがいいと思う

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。