FC2ブログ

パソコン老若男女


パソコンを使い始めた頃、色々な疑問がありましたが、いつもそばに教えてくれる人がいました。いま、その恩返しのつもりでパソコン相談を受けたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向井家の旅行記-ほのぼの


3日目-気持ちの良い旅

V/Lineの電車は、ゆったりとした動きをするのかと思っておりましたが、日本のJR新快速とさほど変わりません、乗り心地とスピードは満足できるものでした。

市内を10分ほどでぬけると、
農場地帯へと景色が移っていきます。

どんな景色が見られるのかと、
車窓から眺めていましたが、

農場
いつまでたっても農場ばかり、
山はなく(遠くの方に丘陵が見える程度)見渡す限りの農場です。

さすがに国土の大きな国は違うなと思いつつ、
うたた寝の時間となったのでした。

バララットの駅に降り立ちました。(11時25分)
駅も周りの風景も古びた感じのする町です。

ここから、バスに乗ってソブリンヒルへと向かうわけですが、
バス乗り場がたくさんあって、

どこで待っていたらいいのか分からず、
駅員さんに聞くことにしました。

聞いてばっかりで、無鉄砲な旅です。

でも、駅員さんは駅舎から出て私たちを案内してくださいました。

ほんとに、こちらの方は皆親切です。

Sovereign hill 1
ここからは、カナディアン9というバスに乗ります。

乗る前にソブリンヒルが何番目のバス停か確認したかったのですが、
その表示がありません。

仕方なく、乗る前に運転手さんにソブリンヒルへ行けますかと尋ねなければなりませんでした。

乗り込んだのはいいが、
降りるバス停が分らない、

今度は女性の親子づれの乗客に頼ることにしました。

英語がうまく伝わりませんでしたが、
その人は運転手さんに私たちが降りるバス停がきたら教えてくれるよう頼んでくださいました。

どこへ行っても親切な方ばかりで、
こんな気持ちのいい旅行はありません。

その親子ずれは先に降りられましたが、
バスの外から子供さんがにこやかに手を振ってくれました。

こちらも思わず手を振って答えていました。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


ブログ作成者にだけ読んでもらう(公開しない)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ymphs.blog32.fc2.com/tb.php/112-ad05253b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。